保育園の紹介

 

)()今、社会に対してできること

今年初めから子どもたち(3歳以上児)がプラスチックごみを収集しています。プラスチックごみは燃やしたり、埋め立てすると人の健康や環境に悪い影響を与えることになります。現在のところ、家庭ごみの収集はほんのわずかだそうです。

先日、さきがけ新聞(日曜子ども版)に「プラスチックごみ・校舎に変身」に記事が掲載されていました。場所は西アフリカコートジボワールの小学校です。竹の校舎がレンガ造りになり雨の日も授業ができるようになりましたという記事です。

何の気なく始めた子供たちの活動ですが、ゴミがレンガになり遠く離れた子供たちの小学校建設に役立ったことと、いま社会に対してできることを行っていることを子どもたちと一緒に喜びました。

 

(3.10.26園長)

 

力強く、のびのびと ・ やさしさと、包容力

保育園内には杉やイチョウの大きな樹がたくましく生い茂っています。
子どもたちが、この大きな樹のように力強く、のびのびと育ってほしいという願いと、その子どもたちをやさしさと、大きな包容力でもって私たちは養護と教育を一体的に行います。
これにより、子どもにとって最もふさわしい生活の場にするよう努めます。

同じいのちを生きる

月、金曜日は仏様への礼拝の日です。仏の教えを通して、子どもたちと保育士が同じいのちを生きていることを感じます。
この考えによって、子どもの最善の利益を大切に推進します。

1、つよく(健康でたくましい子ども)
2、やさしく(友だちと仲良く遊べる子ども)
3、まっすぐに(心の豊かな子ども)

 

 

◎外遊び、自然とのふれあい:広いグランドで子ども達は思いっきり走り回ります。木の葉や実をひろって工作を楽しんでいます。また野菜づくり活動もそんな中で、健康でたくましく、友だちと仲良く遊べる子どもを目指します。

◎礼拝時にののさま(仏様)の歌をうたうながら、お話しの時間を設けています。その中なら、心の豊かな子どもを目指します。

 

園名大森保育園
設置主体社会福祉法人 大森保育園
所在地〒013-0521
秋田県横手市大森町字大森293-1
連絡先TEL:0182-26-3132
FAX:0182-38-8199
フリーダイヤル:0120-15-3132
代表者園長 稲葉 盛栄
園児定員数70名
職員数19名
職員構成園長 1名
園長補佐 1名
主任保育士 1名
保育士 12名
栄養士 1名
調理員 1名
事務員 2名
保育補助 1名
開園時間平日・土曜:午前7時〜午後6時半(延長保育時間を含む)
事業概要通常保育(7:00〜18:00)
延長保育(18:00〜18:30)
学童保育、子育て支援センター

昭和27年4月児童福祉施設大森保育園として認可 賢徳寺本堂で保育(定員70名)
昭和32年4月木造平屋建て園舎を現在地に建設
昭和50年3月「社会福祉法人大森保育園」として認可
昭和51年7月園舎改築
平成12年4月小学校低学年受け入れ(園単独)
平成14年4月子育て支援センター(たんぽぽ相談室)開始(横手市から委託され子どもと老人のふれあいセンターで実施)
平成16年12月乳児室(0、1歳児)増築
平成17年4月学童保育開始(横手市から委託され大森小学校敷地内で実施)
平成21年6月一時保育事業届出
平成28年4月1日園舎改築(定員110名)
平成31年4月1日定員70名